酒と音楽とやおい

いにしえのアル中腐男子のBLとか音楽とかの雑記。腐要素注意。すべて個人的主観です。

アイドリッシュセブン『逢坂の男』・BNOI,Lantis/SURREAL・浜崎あゆみ

逢坂壮五の「逃げずに、本当に自分の愛しているものと見つめ合う」という選択に乾杯!

アイドリッシュセブン

 

play.google.com

 「家族に今の自分を受け入れてもらいたい」という逢坂壮五の真摯で、強くて、熱い想いが痛くて苦しいほど感じられるストーリーで感動しました。

ちょっと本筋から外れますが、めっちゃ感動した台詞で、

「職業に貴賎はありません。」

と言い切った逢坂壮五が、素敵人格者の発言でよかったです。

推しが素敵な人格者で本当に尊いの極みです。

SURREAL・浜崎あゆみ

youtu.be

http://j-lyric.net/artist/a000617/l006e8c.html

Dutyというアルバムの中でも好きな曲です。

好きなモノだけを 選んでくのが
無責任だってワケじゃない
好きなモノさえも見付けられずに
責任なんて取りようもない
背負う覚悟の分だけ可能性を手にしてる
どんなに孤独が訪れようと
どんな痛みを受けようと
感覚だけは閉ざしちゃいけない
たとえ言葉を失くしても

痛いことに向き合おうとするそーちゃん・・・・。そーちゃ・・・。

これから1人きりでラジオ局に向かう逢坂壮五は、リスナーに「本当の自分の考え」を語らなきゃならない使命感もあれば、とてつもない迷いや戸惑いもあるんじゃないかなと思いました。

自分が大切に思った守りたい人や、これから自分がやりたいこと、自分が愛していたものを振り返るって、これは神回に違いないですよね・・・。

テレビではなく「ラジオ」って媒体を選んでストーリーを紡ぎ出す都志見先生、ほんと神ですよね・・・。映像よりも声で想いを伝えるって、すごくダイレクトに想いを伝えられる手段でもあり、とても素敵な表現だと思いました。

Ah- 指切りをしたあの日の約束は
ひとりじゃ守りようがない
Ah- 語り明かしたいつかの夢だって
ひとりじゃ叶えようもない
 
誰にも言えない誰かに言いたい
あの人が誰より大切って
ひとりじゃ守りようがない
1人きりじゃできてなくて、2人で叶えたい夢って。MEZZO"・・・。
尊すぎるで、しかし・・・。
la la la –
どこにもない場所で
私は私のままで立ってるよ
ねえ君は君のままでいてね
自分を支えてくれた四葉環に「だめだ!」と叫んで大人の思惑から守った逢坂壮五と、
囚われの身になっても『ラジオを持ってこい!』と叫んだ四葉環。
これほど胸が締め付けられて、スマホに嗚咽あげて泣いたのは前代未聞の出来事でした。
 
どうかMEZZO"の行く末が明るい未来でありますように。
これから、周囲に祝福されて道を歩んでいくMEZZO"を永く見届けて、ずっと、ずっと応援していけたら、それだけで充分。
心から感謝をして、祝福してあげたい。